栄養満点の果物・「みかん」の魅力

さまざまな果物がある中でも「みかん」はとても身近な果物ですよね。子供から大人まで、誰もが好きな果物ですし、手で皮を剥けばすぐに食べられるので、とっても手軽です。冬になると、常備しているご家庭も多いでしょう。みかんは味も美味しいですが、栄養分も豊富です。ビタミンなどがたくさん含まれているので、毎日食べると風邪予防になると言われています。また、食物繊維も豊富に含まれているので、便秘にも良いとされています。シミやシワなどを予防しお肌にもよいと言われているので、まさに女性にとっては最高の果物の一つですよね。良いことづくめと言っても過言ではないでしょう。たくさんまとめ買いして、ジャムやフルーツソースなどを作るのもオススメです。ヨーグルトにかけたり、パンに塗ったりすればとても美味しいので、お子さんも喜びますよ。

様々な健康効果が期待できるみかん

日本の食卓に当たり前のように存在しているみかんですが、その栄養価は様々な果物の中でもトップクラスとなっています。薄皮の白い部分に含まれているビタミンPは毛細血管を強くするため、動脈硬化の予防に効果が期待されています。抗酸化作用で有名なビタミンCやE、ガンの予防にも有効だといわれているリモネンと呼ばれる苦味成分も含まれています。最近は年間を通して購入することが可能ですが、旬の季節は冬です。そのため、冬場に不足しがちなビタミン類を補給する食材としても非常に優秀です。冬場のビタミン不足は風邪などを招き、肌荒れを起こしてしまうので、みかんなどのかんきつ類を積極的に食べることで予防が可能となります。また、その香りにはイライラを解消する成分も含まれているので、香りとともに楽しめばより健康効果が期待できます。

みかんにはたくさんの魅力があります

一言でフルーツといってもさまざまな種類がありますが、その中でも小さいお子さんからお年寄りまで、たくさんの人たちに好まれているのがミカンです。みかんは美味しいのはもちろんのこと、たくさんの魅力を持っているのが特長です。たとえば、ビタミンCがたっぷり含まれているため、日常的に食べることで健康な体を維持できることです。ビタミンCには風邪の予防や疲労回復、美肌効果など、健康と美容にうれしい効果が期待できるという特長があります。でも、忙しい現代人にとって、ビタミンCを毎日きちんと摂取するのは難しいと言われています。その点、みかんを日常的に食べることで、美味しくビタミンCを摂取することができます。ちなみに、食べ終わった後の皮は、湯船に浮かべることで良い香りが楽しめます。しかも、お肌からビタミンCを吸収できますので、捨ててしまう前に活用してみるとよいでしょう。