みかんとオレンジの違いと大まかな特徴

日本でみかんというと楕円形で柔らかく、簡単に皮を剥いて食べる事が出来るものを連想する人が殆どでしょう。逆にオレンジというと皮が堅くて丸いもの、というイメージがあります。勿論二つとも大本としては柑橘類ですが細かい種類としては別物であり味や食感にも違いがあります。一般に日本人に馴染みの深い柔らかいものは温州みかんというオレンジの近縁種になります。また、丸くて堅いものにも甘橙(アマダイダイ)という和名が付けられていますがこちらは専らオレンジと呼ばれています。双方の利用法は良く似ており味こそ違うもののそのまま食べたりジュースへと加工されています。柑橘類の香りを生かして果肉や皮が添え物にされる事も珍しくありませんがこちらに関しては主にオレンジが利用されています。しかしながら旬にすぐ食べられるようにと炬燵の上に置いてあるイメージがあるのはみかんの方であるため日本においては双方が適材適所で利用されているといえるでしょう。

みかんにある様々な栄養素と健康効果

冬が近づくと旬となるみかんには、健康や美容に大変良い効果があるといわれています。そのため、毎日積極的に取り入れることで効果を更に実感しやすくなるため、ぜひ試してください。一番魅力的といわれているのはビタミンCの補給です。リーズナブルな価格で一日に必要なビタミンCを簡単に取り入れられるのは、おいしくてヘルシーな方法といえます。一日に必要な量は二個といわれている為、ビタミンCを積極的に取り入れたい時には、みかんを食べることが大切です。それ以外にも、ビタミンAやPも含まれているため、定期的にとると健康への影響が高いことは事実といえます。また、柑橘系の皮をむくと出てくる良い香りには、集中力を高める効果が期待され、勉強や資格取得、さらに仕事の効率アップにもつながるといわれています。毎日積極的にとることで糖尿病や風にかかりにくくなるといわれているため、積極的に取り入れたい冬の必須アイテムです。

みかんを食べて免疫力をアップしよう

甘くておいしいみかんですが、実は健康にいいことを知っていますか。美味しくて健康にもいいなんて、まさに理想の果物ですよね。そこで、みかんの効果的な食べ方を教えます。何気なく食後や小腹が空いた時に食べている方もいる方もいますよね。食欲を抑える効果がありますので、食戦に食べておきますとダイエット効果が期待できるので女性の方におすすめです。よく白い筋が苦手だったり栄養がないからと取って食べている方もいるはずです。栄養を十分に吸収するためにも、全部食べるようにしましょう。みかんの栄養成分には、免疫力を高めてくれる効果があります。風邪の引きやすい冬に食べるとおすすめです。水分補給にもなりますので、冬はこたつで温まりながら食べることで効果的に栄養を摂取することができます。一日一個で嬉しい効果が期待できますので、試してみましょう。