みかんを食べることで免疫力をアップさせること

みかんと言えば冬の寒い時期に、暖かいコタツの上で家族と一緒に食べる印象がありますが、現在温室栽培で育てられる野菜や果物が増えたことによって、春夏秋冬一切問わずみかんを食べることができる時代になりました。みかんはビタミンCの成分を多く含み、人の免疫力をアップさせる効果を期待することができると共に、風邪のウィルスから体を守ってくれる役割を担っているため、冬の時期に意識して食すると風邪などの病気の予防に繋がります。食べ過ぎてしまうと頻尿作用でトイレが近くなったり、肌がオレンジ色になってしまう可能性があるため、適量だと世間一般的に言われている程度を目安に食することができれば、免疫力が高まり健康な体を維持し続けることができます。人により苦手に感じている人もいるため、日々の健康を維持する目的で自分のペースで食べることが大切です。

身近な果物みかんの素晴らしい健康効果

みかんは秋口から流通し始め、冬には多くの家庭で食べられている人気の果物です。寒い時期になると、必ずストックしているという家庭も、多いのでは無いでしょうか。比較的低価格で販売されていて、庶民的な果物とされている傾向ですが、実はものすごい健康パワーが秘められています。この原種は古くは中国から50年前に日本に伝わったとされており、当初は甘みがほとんどなくかなり酸っぱかったそうです。原産国の中国では、古くから漢方薬として使われていたほどその健康効果は高いです。みかんには何と言っても、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCには、抗酸化作用や毛細血管を丈夫にしたり、メラニンの生成を抑制したり、鉄の吸収を助ける働きなどがあります。また実だけではなく、筋や袋にもヘスペリジンという成分が含まれており、毛細血管を強化してくれる働きがあります。

冬に不足するビタミン類を補えるみかん

みかんといえば日本の冬の風物詩です。ビタミン類は豊富であるため、冬に不足しがちなビタミンを補う役割もあります。含まれているカロテンには、皮膚や粘膜を強くする働きがあり、抗酸化作用も期待されています。カロテンよりもより抗酸化作用が期待できるベータクリプトキサンチンという物質を多く含んでいることが現在注目されています。これはビタミンCとの相乗効果によって、免疫力の向上が図られるため、感染症の予防や風邪の予防に効果的です。みかんの薄皮が苦手な人も少なくはないでしょう。しかしこの薄皮には、動脈硬化の予防の効果もあるビタミンPが含まれているので、ヨーグルトと混ぜるなどして薄皮を食べたほうが健康効果を期待できます。また、体脂肪を分解する脂肪燃焼効果の向上効果もあることから、ダイエットにも利用できる果物になっています。